衛生的ではあっても塩素臭が気になる水道水

日本の水道水は塩素が一定濃度で含まれるように法で定められているのをご存知ですか。殺菌・消毒が目的の衛生上の安全のためのようです。

ですがこのおかげで水道水には塩素臭がつきものになっています。
実際の濃度は自治体や水源からの距離などに左右されると思いますが、私の家では水道から水を出すとはっきりとわかる強さで匂って来ています。

私はこの匂いのおかげで水道水をそのまま飲料水として使うのはひどく抵抗があります。塩素の有害性の話がいろいろとありますが、とにかくまずそうなのが最大の理由です。

ミネラルウォーターを使う人もいるようですが、水道水の代わりにするほど購入するとなるとコストがバカにならないし運ぶ手間や置き場所を取ることも問題になりますので、常時使おうとは思いませんでした。
そうなると可能な手は浄水器を使うと言うことになると思います。

本格的な物は高額なのと設置が面倒なので、水道の蛇口に取り付ける簡易タイプの物を使ってます。性能的にはたいしたこと無いのでしょうが、安いのと塩素臭は消えてくれるので満足してます。